MENU

プロミスはパート・アルバイトでも審査に通過することはできる?

公務員や正社員でないと融資を受けることができないのでは?と思われている方もいますが、パートやアルバイトの方でも安定した収入を得ているならプロミスの審査に通過する可能性は十分にあります。なぜならプロミスの利用条件は、安定した収入があり、満20歳以上満69歳未満に該当するなら誰でも利用することができるからです。つまり、雇用形態や職業は関係なく安定した収入を得ているなら審査に通過することができます。

 

パート・アルバイトの年収は審査に関係するの?

パート・アルバイトがプロミスを利用することができるとしても、年収が低いから審査は通らないのでは・・?と心配している方もいることでしょう。年収が低いと審査に影響が出てくるのでしょうか?いいえ、そのようなことはありません。プロミスなどの消費者金融は、貸金業法という法律の総量規制の対象となっているため、利用者の年収3分の1までしか融資することができません。つまり、年収が低くても各利用者の年収で利用限度額が決まるため、年収が低くても問題なく借り入れをすることができます。たとえば年収90万円だとしたら、3分の1である30万円が最大利用限度額となります。しかし、あくまでも最大限度額であって、利用限度額は審査によってプロミスが決めます。つまり、この場合では30万円よりも少なくなる場合があるということです。

 

審査に有利な条件とは?

プロミスの審査で有利になる条件とは何でしょうか?それにはまず勤続年数があります。パート・アルバイトの方でも勤続年数が半年以上あるなら審査に有利となるでしょう。逆を言うなら、6ヵ月未満の勤続年数だと審査に通過するのが難しいということです。勤続年数が長いということは安定した収入が定期的にあるということになります。そのため、年数が長ければ長いほど審査は有利になります。また審査では申込者の過去と今現在の借り入れ状況や返済状況を調べます。過去に延滞や滞納、債務整理などの金融事故を起こしていなければ問題なく審査に通過することができるでしょう。

 

パート・アルバイトの方が提出する必要書類とは?

パート・アルバイトの方を含めすべてのプロミスへの申込者は、本人確認書類として運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれかの写しを提出する必要があります。

主婦でも収入があればプロミスを利用することはできるの?

貸金業法が改正され総量規制が施行されてから、収入がゼロ円である無職の方や専業主婦の方は消費者金融を利用することができなくなりました。では、パートやアルバイトによる収入がある主婦はプロミスを利用することはできるのでしょうか?プロミスを利用することができる対象者は満20歳以上満69歳未満であることと、安定した収入があることです。安定した収入とは、定期的に毎月お金が入ってくる給与所得か、在宅ワークや内職など個人事業者として働いていることであり、収入の額は全く関係ありません。そのため、たとえ少ない額だとしても、毎月安定した収入を得ているパートやアルバイトをしている主婦の方ならプロミスを利用することができます。

 

主婦の方はどのようにプロミスを申し込むことができる?

主婦の方も一般の方と同じ方法でプロミスを申し込むことができます。その申し込み方法は店頭窓口「お客様サービスプラザ」、自動契約機、インターネット、電話の中から好きな方法を選択することができます。もし店頭に来店しての申し込みに抵抗があるならインターネットや電話で申し込み手続きを済ませるとよいでしょう。また、自宅に書類などを郵送してほしく方は、WEB完結で申し込みをすることができます。さらに、プロミスでは女性の方限定で、「レディースコール」というサービスを用意しています。商品自体はフリーキャッシングと同じですが、専用の番号に電話をかければ必ず女性のオペレーターが対応してしてくれます。主婦の方でキャッシングの利用に不安を抱えている方や相談をしたい方はレディースコールにかけることでり同性のオペレーターに気軽に相談をすることができるでしょう。

 

専業主婦の方は申し込みできません!

何らかの収入がある主婦の方はプロミスを申し込むことができますが、上記でもみたように全く収入がない専業主婦の方の申し込みはプロミスでは承っていません。もし専業主婦の方でどうしてもキャッシングを利用したい方は、総量規制対象外となっている銀行系カードローンか、配偶者貸し付けをしているカードローンを利用するとよいでしょう。配偶者貸し付けをしているカードローンは、配偶者の同意が必ず必要となっていますので、内緒で借り入れをするということはできないようになっています。